Arquivos

Votação
 Dê uma nota para meu blog

Outros links
 UOL - O melhor conteúdo
 BOL - E-mail grátis




Blog de Naomi
 


胆道ドレナージ(PTBD、ENBD)

胆膵領域の悪性腫瘍は、胆道閉塞に伴う肝機能異常やや閉塞性黄疸を発症することが多い。そのため、急性閉塞性化膿性胆管炎や敗血症などの重篤な病態に移行する前に処置を程こする必要があり、経皮経肝胆道ドレナージ(PTBD)や内視鏡的経鼻胆道ドレナージ(ENBD)が行われます。

静岡県立がんセンターは、2002年の開院当初から胆道がん術前の閉塞性黄疸で胆道ドレナージを行っている患者に対して、胆汁内服還元をおこなっている、これは患者にとって脱水・電解質異常の改善や消化吸収の促進、食欲増進などに効果をもたらしているため、看護師によるサポートは非常に重要です。



Escrito por wordpress13 às 23h33
[] [envie esta mensagem
] []





脳ドックと脳神経外科医

脳梗塞やくも膜下出血、脳出血、脳腫瘍などの脳の疾患は、瞬時に生命に関わる事態を招いたり、言語障害や片麻痺などの重い後遺症をもたらします。こうした脳の病気を早期に発見したり、危険因子の有無を確認するために開始されたのが脳ドックです。受診することにより、症状の出ていない以下の脳疾患を早期に発見することができます。

無症候性脳梗塞:自覚症状のない脳梗塞です。原因の多くは加齢となっており、脳ドックを受診した人の約20%に見つかります。ほとんどは直径5mm以下の小さな梗塞ですが、数が増加したり、大きな梗塞を起こすと症状が現われます。梗塞を進行させないためには、生活改善を行う必要があります。高血圧や糖尿病などの危険因子を持っている人は、脳梗塞のリスクが高いので、血栓を予防するために薬物療法を行うこともあります。

無症候性脳出血:自覚症状の現われない脳出血で、長期間高血圧を放置していることで発症します。大きな脳出血を防ぐためには、血圧の徹底した管理が求められます。

未破裂脳動脈瘤:破裂するとクモ膜下出血を起こるリスクがあるいまだ破裂していない脳動脈瘤のことです。ただし、脳動脈瘤が発見されたからといって、それが将来必ず破裂するとは限りません。治療にあたっては医師の説明を十分に受けましょう。患者がよほどの高齢者でなく、動脈瘤の大きさが5~7mm以上の場合には治療の必要があるというのが脳ドック学会のガイドラインです。経過観察を行う場合は禁煙、節酒、血圧管理は必須です。

脳ドックではMRIやMRAなどの苦痛を伴わない画像診断が検査の中心となります。そのほかでは、問診、診察、血液検査、尿検査、心電図、頚部血管超音波検査などが行われます。脳ドックは1日あるいは2日に渡って行われます。明らかな病変が見つかった倍には、状態に応じて神経内科や脳神経外科 求人で治療を行います。人間ドックや健診と同様に健康な人を対象とした医療サービスですので、健康保険は適用されずに自費診療となります。



Escrito por wordpress13 às 01h31
[] [envie esta mensagem
] []





障害がある方が旅行する際のポイント

障害のある人は手足が不自由だったり、介護が必要だったり、人間関係やコミュニケーションが困難であるため常日頃から外出や旅行をする機械が少ないと思われます。また、旅行先で体調を崩さないか、普段と同じ介護を受けられるか、観光地を自由に動いて楽しめるのか不安を感じてしまいます。しかし、旅行する上での健康管理や良好先のバリアフリーに付いて正しい知識を持ち、その対応を知っていれば十分に楽しむことができます。

障害のある人は普段の生活が単調で閉鎖的で受動的になりがちです。それゆえ観光や人や食べ物との出会いはとても魅力的で刺激的で大きな喜びとなります。旅行から帰った後、いき方や考え方や人生観などに変化している自分に気づくこともあるでしょう。不安や偏見などの心のバリアを乗り越えて旅行にチャレンジしてみましょう。障害者には精神、知的、身体障害の3つのタイプがありますが、身体障害者には手足の不自由な四肢障害、ペースメーカーや形態酸素、人工透析を必要とする内臓障害などがあります。てんかんや高齢者も含まれます。

障害のある人にとって旅行は普段の生活と全く異なる環境です。初めての交通機関を使ったり、旅行やホテルでの慣れないベッドやトイレ、風呂などに戸惑います。介護の仕方も変えなければなりません。想像以上に移動や介護に時間がかかり疲れます。また観光を楽しんでいるとつい長時間活動してしまいます。一般のツアーでは健常者と同じスケジュールをこなさなければなりませんが、疲れたときは無理をせず観光を多少キャンセルしてでも翌日のために体調を整える勇気も必要です。

旅行を十分に楽しむことが一番の目的ですが、旅行が終わっても前と同じように普段の生活に戻ることも重要です。それゆえ旅行中の健康管理に注意を払いましょう。旅行では起床や寝る時間、食事や薬を飲む時間などの生活リズムを守れないようです。普段よりも遅寝早起きで睡眠不足になります。旅行中の風邪や頭痛、下痢や便秘、車酔いなどのために風邪薬や整腸剤などを準備すると著法します。

手足の不自由な方、特に車椅子を利用する人は家から目的地までの交通機関、宿泊する旅館やホテル、観光地案内の建物や通路についてのバリアフリー状況などを事前に調べましょう。JR、私鉄、地下鉄では車椅子でも楽に乗れ、乗り継ぎも係員が誘導してくれます。飛行機についても同様です。ホテルや旅館のバリアフリールームも徐々に増えています。観光地についてはバリアフリーガイドブックが出ています。

思いがけず旅行先で持病が悪化したり予期せぬ病気にかかることがあります。現地の医療機関にかかるときは、正確な病状を伝えることが大切です。予めかかりつけの主治医の診断書を持って行き医療機関で提示しましょう。海外旅行では日本語と英文の2種類を持っていくとよいでしょう。また自己記入式安全カルテを利用する方法もあります。近年、介護者付きツアーなど障害者にとって旅行がしやすくなっていますがまだまだ高価です。以下に気軽に旅行を楽しめるか今後経済面でのバリアを低くすることが課題です。



Escrito por wordpress13 às 02h01
[] [envie esta mensagem
] []





医療法で制限される病院や診療所の宣伝

1.医療は人の生命にかかわるサービスであるため、不当な広告によって誘引された患者が不適当な治療や手術などを受けた場合の被害は計り知れない、2.専門性が極めて高い医療サービスを患者が広告の文章だけで、その質を判断することは難しい―の理由によって、医療法では病院や診療所の広告できる範囲を厳しく制限してきました。

厚生労働省は、基本的な考え方は従来どおりとしながらも、2007年い大幅な規制緩和を行いました。ガイドラインによると、広告できる項目は、病院または診療所における患者の入院日数、外来患者の数、入院患者の数など多岐にわたっています。医療機関で働く医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の医療従事者の氏名や役職および略歴、専門医、専門看護師の人数や名前なども宣伝できます。

ただし、比較広告、誇大広告、公序良俗に反する内容などについては、罰則付きで禁じられています。最近はレーシックを行う眼科の広告が多く見られますが、専門医を取得していない医師が機器の消毒を十分に行わなかったことから、感染症によって患者に健康被害が出て訴訟沙汰となっています。治療や手術のミスなどによる医療訴訟の件数は、この10年で急増しており、医療機関や医師が支払う損賠賠償金も高額になる傾向にあります。



Escrito por wordpress13 às 07h05
[] [envie esta mensagem
] []





質の高い医療を提供するクリニカルパス

特定の疾患において、標準化された治療計画をいろ湯者が時系列に描き出したものを「クリニカルパス」といい、室の高い医療を効率よく患者に提供する代表的な技法です。

1980年代、DRG/PPSという定額支払方式がアメリカに導入されたことに伴って開発されたのが、クリニカルパスのはじまりです。医療の効率化・質の保証を目的として、日本でも約10年後に導入されました。

その後、急性期病院における平均在院日数の短縮やDPC(診断群分類別包括評価支払制度)の導入などが進み、さらに電子カルテの普及とともに、全国の医療施設でも取り入れられています。また、患者にとっても自分の治療計画がどうなっているのかを理解する上で重要なツールとなっており、患者と医療者とのコミュニケーションを図るうえでも欠かせません。

クリニカルパスを作成し、有効に活用するには、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなど、様々な職種が協力し合うことが不可欠です。地方の病院における医師の人材不足が顕著となっています。

さらに、クリニカルパスを作成して終わるのではなく、定期的に見直すことが重要です。そのためには、アウトカム(目標・成果)を明確にしておくことが求められます。クリニカルパスを用いてアウトカムが達成できないとバリアンスとなります。こうしたバリアンスを収集・分析することが大切です。

バリアンスはクリニカルパスの見直し・改定を行ううえで重要ですが、そのほかにも、院内のエビデンスとして利用することができます。新しい薬剤やレジメン(薬剤の投与方法)んどが相次いで登場する今日、クリニカルパスは不可欠となっています。室の高い医療を患者に提供sるうために、医師や看護師、薬剤師らが協力し合うことが求められます。



Escrito por wordpress13 às 09h11
[] [envie esta mensagem
] []





レセプト(Recibo de hospital)

ドイツ語のRezeptが語源となっているレセプトはとは、患者が医療機関で受けた診療行為の報酬を医療機関側が保険者に請求する医療費の明細書のことです。病院や診療所では診療報酬明細、薬局では調剤報酬明細書のことを意味します。また、介護保険を使った介護サ-ビスの料金の介護報酬明細書もレセプトの1種です。

従来、患者サイドがこのレセプトの明細を知る機会はほとんどありませんでしたが、2010年4月からは自分が受けた医療の診療報酬の詳しい内容がわかるように、患者に対する診療明細書の発行が原則義務化されました。病院側は明細書の内容を説明する義務がありますし、患者は自分がどういう医療を受けているのかをチェックする必要があります。

レセプトは、患者ごとに1ヶ月単位で作成し、よく付き10日までに医療機関が支払基金などに提出します。請求先は、国民健康保険の利用者の場合には都道府県の国民健康保険団体連合会、企業の健保など社会保険の被保険者の場合には社会保険診療報酬支払基金です。



Escrito por wordpress13 às 08h33
[] [envie esta mensagem
] []



 
  [ página principal ] [ ver mensagens anteriores ]